「君の名は。」のちょっとだけゴシップ

相模原事務所の関です。

今年10月、日刊ゲンダイが伝えた「スクープ!新海誠監督の妻はあの三坂知恵子だった!」の記事を見て「あ、やっぱり」と思いました。

三坂さんの舞台は宮沢章夫主宰の遊園地再生事業団で何回か観た事があります。高学歴のみならず、知性と品性がある女優さんでした。

今ほど新海監督が有名になる前、全て一人で制作したアニメーションという事で話題になった2002年制作の「ほしのこえ」を掲げて2005年(かなり前です・・・。)NHKのトップランナーというトーク番組に出演したことがありました。

視聴者参加型の番組です。司会とゲストが語り、その対面に視聴者が座る形でした。

今でも覚えているのですが、なんとその視聴者席の最前列に三坂さんの姿が!

私はすでに彼女を何回か舞台で拝見させて頂いたのですぐ気付いたのですが、新海監督のトークを熱心に聴く様子に「三坂さん、新海監督のファンだったのか・・・。」と感じました。

おそらく、三坂さんがファンで新海監督にアタックしたんだろうなーー、新海監督はテレビのトークでもいい人オーラ全開だから、三坂さんの周りに多くいるであろう高学歴の学者畑や演劇畑の人と違うところに惹かれたんだろうなーーと思いを巡らせてしまいました。

三坂さん、今はあまり舞台には出ず、新海監督の制作のサポートに徹しているようです。

「君の名は。」新海監督と三坂さんの協力体制があってこそ出来た傑作かもしれません。

次回作も期待しています!