「逃げ恥」漫画原作最終回

相模原事務所の関です。

ドラマ「逃げ恥」の原作漫画もドラマの最終回から数日後に最終回を迎えました。

後からネットニュースで読んだ話ですが、原作者の海野さんが、最終回を下書きの段階で送り、終わり方をドラマ側に伝え、ドラマ側がそれを汲み、脚本に原作漫画の物語の本当の最後まで入れたそうです。

だから、ドラマと漫画がいい具合にリンクした終わり方だったのか、と納得しました。

ドラマ側の原作へのリスペクトが、素晴らしいTVドラマにした一要因とわかるエピソードです。

原作はドラマより社会的要素が強く、また違った面白さがあります。

宣伝みたいで恐縮ですが、こちらも是非ご一読をお薦めします!