ひとりフランダース

こんにちは相模原事務所の梅澤です。
6月に入りました。祝日がない月ですね。

 

祝日といえば今でこそ休みですが、
サービス業で働いてた頃は必ず抽選会などの
イベントを行わなければならず、
その準備が大変すぎて
思わず口へんで

【呪日】

と書きたくなるぐらい嫌なものでした。

 

抽選会でなにが大変かというと
その時流行っているものを景品にしなければいけなくて
今でも思い出すのが
プレイステーション3が発売された時です。

 

当時は大変入手困難とされ
上司から
『正月のイベントに使うから死んでも手に入れてこい』と
フリーザ様みたいな指示の元
真冬の寒空の下、スーツ1枚で
電器屋に置いていかれたのでした。

 

深夜12時からオープンまでの10時間、
必死に丸まって凍死から逃れようとして、そこから学んだのですが、
一番寒い時よりも、
朝になり日差しが出てちょっとだけ暖かくなった時の方が、
人間油断するんですね。

ウトウトとして、
『もう駄目だ・・・』
と思ったあたりで・・・

 

 

(((バチコーンッッ!!)))

 

と、脳が揺れるビンタ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

様子を見に来た先輩が起こそうと喰らわしたみたいで、

『寝たら死ぬぞ!!』

と一言

まさか電器屋の駐車場でこのフレーズを聞くとは思いませんでした。

 

その後は固まった関節でロボットの様な
動きをしつつも、無事買えたのですが、
今でも祝日が来るたびにゾクりと思い出すのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です