映画「君の名は。」

みなさん、君の名は。見られましたか?

新海誠監督作品「君の名は。」の話をすると、「あら真知子巻ね。」と返される方がいらっしゃいます。

10代の方には馴染みはないかもしれませんが、

「君の名は」は新海誠監督作品以外にも菊田一夫原作の「君の名は」もあります。

だから新海誠監督の「君の名は。」には最後に「。」があるのではないかと思います。

菊田一夫原作版は最初ラジオ化され、次に映画化、舞台化、その後何回もテレビドラマ化されています。

有名な作品は岸恵子さんの映画版と鈴木京香さんのNHK朝ドラ版「君の名は」でしょうか。

岸恵子さんが映画でスカーフを肩から頭にぐるりと巻くのが役名を取って「真知子巻」と呼ばれ、

このスタイルも一世を風靡したそうです。

新海誠版と同じように菊田一夫版でも、逢えそうで逢えず、すれ違いながらもお互いを思う恋愛模様が描かれます。

いつの時代も相手を思う切ない気持ちは共感を呼び、逢えそうで逢えない展開はみんなどぎまぎしてしまうんですねえ。そういう意味で新海誠版の「君の名は。」古典作品を踏襲していると言えますね。