雇用問題と若者

こんにちは、相模原事務所の梅澤です。

 

先日は全国建設研究・交流集会に参加し

自分は建設業の担い手の確保・育成の講義を受けてきました。

どこの業界でもつきまとう問題ですが、

特に建設業界の担い手確保の厳しさの実情を知りました。

 

そんな講義を受けるなかで割と気になったのが、

今の若者は根性がないということや、

コミュニケーションが取れないといったような話も多くあがっていたことです。

 

自分も全然若くはないのですが

これには多少「?」な部分もありました。

 

もちろんそういった側面も

多々あるとは思うのですが、

人手不足な時こそ「若者」といった大きなくくりで

人を一面的に判断するのではなく、

個別具体的にその人をちゃんと理解しようとするのが大切ではないのか?

なんて思ったりもしました。

 

まあそれだと講義にならないだろうし、

偉そうな事を言ってしまいましたが、

ひとりひとりが尊重され、

皆の能力が発揮されるような仕事場を

作っていけるようにしていきたいですね。